• ステレオ5月号

    933505
     私がレギュラー執筆しているオーディオ誌、ステレオ5月号が発売中です。

     今月の私の連載では、「PCオーディオ入門を楽しみつくす:前編」と題し、普段あまりオーディオ誌ではスポットが当てられることのないプレーヤーソフトに焦点を当て、ストレス無くPCオーディオを楽しむ方法をご紹介しています。

     PCオーディオは手軽に高音質が得られる分、音楽に集中して楽しむということが難しいように感じています。また、PCという機械が介在する分、ディスクメディアの再生とは異なり、非常に煩雑な作業が必要になります。

     そんなデメリットを払拭し、PCオーディオ本来の魅力を楽しみつくす方法のご紹介です。同時にそれは、わざわざPCを使って音楽を楽しむ必然性にも焦点を当てた内容となっています。6月号の後編にもその内容は続きます。

     また、読者の疑問に答えるQ&Aコーナーでは、今話題の「ハイレゾ」に関する疑問に返答させて頂きました。質問は「ハイレゾの違いや利点が不明」という内容です。

     そして今月の特集は「ルームチューニング考」です。オーディオ機器の音は、鳴らす部屋の影響が非常に大きいです。どんなにいい機器を揃えても、部屋の環境や鳴らし方が悪ければ、ほとんど意味が無いといっても過言ではないでしょう。
     ただ、ルームチューニングは非常に高度で時間の掛かる調整です。その過程自体も楽しいものですが、やはり手っ取り早く質のよい再生を得たいのが音楽ファンです。その点今月号は、ベテランオーディオ評論家陣が長い時間をかけて実践してきたルームチューニング術やその考え方をすぐさま知ることが出来る、貴重な特集ではないでしょうか。

    http://www.ongakunotomo.co.jp/magazine/stereo/